営業時間・定休日
営業時間

10:00 - 19:00

 
定休日

水曜日

 
電話番号

045-847-1941

 
FAX

045-847-1948

 
住所

〒234-0051

神奈川県横浜市港南区日野5-1-18

スタッフブログ

掲載内容は公開日現在のものとなっております。
   
2018/05/29  ショールームダイアリー  ショールームアテンダント 福別府 ともみ
TAICOCLUB’18
福別府 ともみ / フクベップ トモミ
[ショールームアテンダント]
 

こんにちは!
ジープ横浜港南店のスタッフブログをご覧いただきましてありがとうございます。
ショールームアテンダントの福別府です。


今回は、『タイコクラブ』についてご紹介いたします。
タイコクラブは、今年でいよいよ最終回を迎えるオールナイト・フェスです!
日本国内だけでなく、海外からもたくさんの方々を迎えて、夜通し盛り上がりますよ♪


開催日は、6月2日から3日となっていますが、残念ながらチケットはもう売切れてしまったようです。
当日券も販売されません。
タイコクラブの人気ぶりがうかがえますね。


場所は長野県木祖村・信州やぶはら高原のこだまの森です。
ステージは野外なので、当日は晴れるように、祈っておきたいですね。
もし雨が降ってしまっても、傘をさすことができないので、レインコートを準備する必要がありそうです。
みんなでレインコートを着て盛り上がれば、雨の憂鬱さなんて吹き飛んでしまうかもしれませんね☆


木祖村は、山間部で標高の高い場所です。
自然が豊かで、気持ちがいいのですが、昼と夜の寒暖差が激しくなっています。
その差はなんと、20度近くあるんです!
開催は6月ですが、夜は非常に寒くなることが予想されるので、暖かい上着を用意しておいてくださいね。
せっかくの楽しいフェスに風邪をひかないように、気をつけたいですね♪


夜通し騒ぎたいオールナイトのイベントですが、テントを張ることで、その中で休むことができます。
疲れたらしっかりと休憩をとって、また楽しみましょう♪
会場内の屋内施設は使えないので、休憩場所として、テントは必須かもしれません。


テントを張ると、火をおこして、バーベキューをしたくなってしまいますが、残念ながら食べ物の持ち込みは禁止されているそうです。
しかし、20以上の飲食店があるので、問題ありません。
様々なジャンルがあるので、きっと食べたいものが見つかりますよ♪


タイコクラブは、コミュニケーションを大切にしています。
初めて会った隣の方、会場にいる地元の方など、たくさんの人と共にこのフェスを楽しみましょう!
2006年から続いていたタイコクラブが終わってしまうのはさみしいですが、きっと最後も素敵なフェスになりますよ☆


画像提供:TAICOCLUB’18
日程:2018年6月2日(土)、6月3日(日)
場所:長野県木祖村・信州やぶはら高原 こだまの森
リンク:http://taicoclub.com/18/

 
   
2018/05/27  ショールームダイアリー  ショールームアテンダント 福別府 ともみ
レネゲードの高効率なボディ
福別府 ともみ / フクベップ トモミ
[ショールームアテンダント]
 


こんにちは!
ジープ横浜港南店のスタッフブログをご覧いただきましてありがとうございます。
ショールームアテンダントの福別府です。


今回はレネゲードのボディについてご紹介いたします。
ボディとは、車の外側の部分です。

レネゲードのボディはモノコック構造となっています。
車には、モノコック構造のものの他に、フレーム構造のものがあります。
車ができたばかりのころは、すべてこのフレーム構造で作られていたんです。
つまり、モノコック構造は、フレーム構造のものより新しい技術が使われているんですよ!
と言っても、どちらにもそれぞれに優れた点があります。


フレーム構造とは、フレームにエンジンなどの車を動かす主要部分を取り付け、その上にボディを乗せたものです。
費用を抑えて、頑丈に作ることができるというメリットがあります。


一方モノコック構造は、フレームとボディが一体化したもので、フレーム構造のものより軽く作ることができます。
その分、車内は広くなり、乗り心地も快適です♪

 


しかし、いくら軽量化しても、快適さが上がっても、頑丈でなければなりません。
特に、レネゲードは『Trail Rated』のマークをつける資格を持った車です。
オフロードを走るためにも、衝撃に弱いボディでは心配ですよね。
レネゲードのボディには、アルミニウム、マグネシウム、高張力スチールなど、さまざまな素材が使われています。
それによって、モノコック構造であっても、安全なボディを実現させているのです。


安全であるだけでなく、効率も高いと言えます。
車を動かすのに必要なのはエンジンの力だけだと思いがちですが、ボディによって、その力の伝わる効率が異なるのです。
レネゲードのボディは、力が伝わりやすくなっているため、同じエンジンでも、より力強く進むことができますよ!


このボディは、ノイズの低減にも役立っています。
高速などを走っていると、走行音がうるさく感じることもありますよね。
そういったノイズもボディによって、変わってくるんですよ♪


もちろん、ボディに1番求められるのは、デザイン性です。
レネゲードはスポーティかつ、大胆なスタイリングで、とってもかっこいいですよね☆
きっとどこへでも一緒に行きたくなりますよ!


ショールームに来ていただければ、ご試乗もできますので是非ご体感くださいませ♪

 
   
2018/05/24  オーナーズボイス  セールス 伊東正太
富士ヶ嶺オフロード!!
伊東正太 / イトウショウタ
[セールス]
 

こんにちは

ジープ横浜港南のスタッフブログをご覧いただきましてありがとうございます

セールスの伊東です

 

本日は、私のご担当させていただいているオーナー様より富士ヶ嶺オフロードコースに行かれた時のお写真をいただきましたのでご紹介です

Renegade Trailhawk(アンヴィルC/C

 

オフロードに入る前のお写真です

 

いつも大変きれいにお乗りです

富士山をバックにお写真です

なにやら、少し深い穴に入ろうとしています

 

左リアタイヤが浮いています

さすがRenegade Trailhawk  なんなく大丈夫だったそうです

 

結構急な坂道にも見えますがへっちゃらそうですね!

 

 

富士山に向かって走っている姿も、かっこいいですね

 

機会があれば是非、私も行ってみたいです

 

みなさまも、お時間ありましたら是非一度行かれてはいかがでしょうか

オフロードから出たら、やはりかなりの砂ぼこりによりお車が砂ぼこり&泥まみれになってしまったそうです

 

しかし、景色の良さ&走る楽しみにより、また違うオフロードにも行かれるとの事でした

 

その際は、またお写真見せて下さいね

 

富士ヶ嶺オフロード

〒401-0338 山梨県南都留郡富士河口湖町富士ヶ嶺466

 

 

 

 

 

 
   
2018/05/22  ショールームダイアリー  ショールームアテンダント 福別府 ともみ
GREENROOM FESTIVAL’18
福別府 ともみ / フクベップ トモミ
[ショールームアテンダント]
 

 

こんにちは!
ジープ横浜港南店のスタッフブログをご覧いただきましてありがとうございます。
ショールームアテンダントの福別府です。


人気フェスの1つである『GREENROOM FESTIVAL』が、2018年も横浜で開催されます!
このフェスのコンセプトは、「Save The Beach、Save The Ocean」です。
このビーチ、この海を残して行こうという気持ちで始まったそうです。
そのため、海の環境保全にも取り組んでいるんですよ♪
音楽やアート、フィルムを通してビーチカルチャーを楽しむことができます!


毎年さまざまなアーティストが参加するこのフェスですが、今年も大物アーティストが参加してくれます☆
ジミー・クリフ(Jimmy Cliff)は、ジャマイカのレゲエシンガーです。
彼は、まだレゲエというジャンルが確立されていなかったころから活動しており、レゲエを世界に広めた人物の1人なんです!
そんなジミー・クリフが、GREENROOM FESTIVALでもレゲエを披露してくれますよ!


夏のトレンドを先取りできる場にもなっています。
このフェスで、新しいトレンドをいち早くチェックしてみてはいかがでしょうか?
今年も、素敵な夏になる予感がしますね♪


チケットはもうあとわずかになっているようなので、気になる方は早めにゲットしてくださいね!
もし、チケットをゲットしそびれてしまっても、ぜひ横浜赤レンガ倉庫まで、足を運んでみてください。
<SURF MARKET>は、チケットがなくても楽しめる無料エリアとなっています。
様々な企業や、ブランドがブースを出していますよ♪


実は、Jeepの特設ブースもあるんです!
各人気車種のテーマディスプレイを実施予定なので、ぜひ見てみてくださいね☆
Jeepの車は、夏のビーチにもぴったりなんですよ♪


開催場所は、横浜赤レンガ倉庫です。
いつもは静かな癒しのスポットですが、このGREENROOM FESTIVALが開催される、5月26日、27日はきっととっても賑やかになりますよ!
多くの人がこの場所を訪れるので、水分補給や体温調節には気を付けて楽しんでくださいね。


GREENROOM FESTIVAL’18
日程:2018年5月26日(土)、27日(日)
場所:神奈川県・横浜赤レンガ地区野外特設会場
リンク:http://greenroom.jp/

 
   
2018/05/20  ショールームダイアリー  ショールームアテンダント 福別府 ともみ
ヒルスタートアシストとヒルディセントコントロール
福別府 ともみ / フクベップ トモミ
[ショールームアテンダント]
 

こんにちは!
ジープ横浜港南店のスタッフブログをご覧いただきましてありがとうございます。
ショールームアテンダントの福別府です。


ジープの車はすべて「どこへでも行ける。何でもできる。」をコンセプトにしています。
どんな道でも突き進むことのできるように設計され、作られているのですが、具体的にどんなところがジープのすごいところなのでしょうか。


今回ご紹介するのは、「ヒルスタートアシスト(HAS)」と「ヒルディセントコントロール(HDC)」という2つの機能です。
どちらにも「ヒル」という言葉がついていますね。
「ヒル」は、英語で坂道という意味です。
どちらも坂道を快適に走るために大切な機能なんですよ♪


まず、「ヒルスタートアシスト」は、急な上り坂の途中からスタートする、坂道発進をアシストしてくれます。
信号や立体駐車場などで坂道の途中で止まると、うまく坂道発進ができるか、少し不安になってしまいますよね。


しかし、ヒルスタートアシストを搭載していると、ブレーキからアクセルへ踏みかえるときも、約2秒間、ブレーキが利いた状態を保っていてくれるんです。
そのため、ただアクセルを踏めば、後退することなくスムーズに発進できますよ♪


次にご紹介するのは、「ヒルディセントコントロール」です。
こちらは上り坂ではなく、下り坂でその効果を発揮してくれます!


急な坂の上からボールを転がすと、すごいスピードで転がり落ちていきますよね。
車も同じです。
ブレーキをかけなければ、猛スピードで坂道を下ることになってしまうのです。
ブレーキをかけたら大丈夫なのかというと、そうでもありません。
ブレーキを踏みすぎると、タイヤがロックしてしまい、最悪の場合は横転することもあるのです。


しかし、ヒルディセントコントロールを搭載していると、自動で車の速さをしっかりと監視し、スピードが出すぎていると、ブレーキをかけてくれます。
急な下り坂であっても、安全で滑らかな走りができますよ☆


険しいオフロードでも、街中のドライブでも、「ヒルスタートアシスト」と「ヒルディセントコントロール」は大活躍です!

 

 

 
2018年05月(13件)
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ページ上部に戻る