営業時間・定休日
営業時間

10:00 - 19:00

 
定休日

水曜日

 
電話番号

045-847-1941

 
FAX

045-847-1948

 
住所

〒234-0051

神奈川県横浜市港南区日野5-1-18

スタッフブログ

掲載内容は公開日現在のものとなっております。
   
2018/02/18  ショールームダイアリー  ショールームアテンダント 福別府 ともみ
雪中キャンプに持っていく装備&防寒アイテム10選
福別府 ともみ / フクベップ トモミ
[ショールームアテンダント]
 


こんにちは!
ジープ横浜港南店のスタッフブログをご覧いただきましてありがとうございます。
ショールームアテンダントの福別府です。


Jeepの車の1番の特徴は、なんと言ってもオフロードの快適さですよね!
もちろん、雪道であっても、快適に走ることができます。
そんなJeepの車を走らせて、雪の中でのキャンプなんて、素敵だと思いませんか?
雪に囲まれて、暖かい飲み物をいただきながら、ゆったりと星空を眺め、ロマンチックな一晩を過ごしてみたいですよね。


しかし、どうしても躊躇してしまうのが、冬の寒さです。
特に今年は寒波がやってきて、関東でもたくさんの雪が降り、非常に寒い冬となっています。
そのため、今回は寒い冬のキャンプを快適に過ごすことのできるグッズをご紹介いたします!

 


まずは、キャンプの必需品、テントです。
Tentipi® テンティピテント『ジルコン7 CP』は、常に快適な室温を保ってくれる、特別なテントなんです。
丈夫なコットンとポリエステルでできていて、生地が「呼吸」をするそうです!
そのため、中で焚火をしても大丈夫なんですよ♪
センターポールが1本で楽々組み立てができる上に、デザインもとってもキュート☆
冬でも暖かなテントですが、夏に使用しても暑くならず、オールシーズン活躍する優れものです!


CANVAS CAMP『SIBLEY 400 ULTIMATE PRO (PROTECH)』も、全てのシーズンで使うことのできるテントです。
高密度のコットンキャンバスとグラウンドシートが採用されているため、雪中のキャンプであっても安定感抜群です!
また、メッシュを多用していて、通気性に優れているので、湿度の高い夏でも快適です。


雪中キャンプでぜひ用意しておきたいのが、ストーブです。
Tentipi®『エルドフェル ストーブ Pro』は、上でご紹介いたしましたティティピテント専用の薪ストーブになります。
煙をテントの外に出す構造になっているので、テントの中で使用しても安全です。
暖を取るのはもちろん、鍋を乗せると、料理までできるんです!
少し嵩張りますが、分解して木箱に収納できるので、便利ですよ♪


Snow Peak『レインボーストーブ ブラック』は、スノーピークのシェルター専用のストーブです。
こちらは薪ではなく、石油ストーブとなっています。
「レインボーストーブ」という名前の通り、暖かな光が、七色に輝き、幻想的になるんです!
美しくて暖かいなんて、素敵ですよね♪


快適に眠るためには、寝袋も大切!
ISUKA『スノ-トレック 1300』は、プロの登山家をも満足させられる暖かなシェラフです。
中綿がたくさん入っていて、外気の侵入をしっかりとガードしてくれます。
それでいて、専用のトートバッグでコンパクトに収納できるので、キャンプだけでなく、防災グッズとしてもいいかもしれませんね!


NANGA『AURORA 900DX』も、暖かなシェラフです。
日本山岳会東海支部K2岳術登山隊にも選ばれたことがあるんですよ。
特別なファスナーを採用しており、暗闇の中でも噛み込むことなく快適に使用することができます。
防水性が高いのも魅力的ですよ!


サーマレスト『リッジレスト ソーラー』は、冬にぴったりなマットレスです。
保湿性と耐久性に優れているので、長く愛用することができますよ♪
540グラムと、とっても軽いのもいいですよね!


モチヅキ『タフステイク』は、不安定な雪の上でも、安心してテントを張ることのできる強力なペグです。
使用方法もとっても簡単なので、誰でもすぐにテントを張れちゃいますよ!
サイズは3種類あるので、どんなサイズのテントにもしっかり対応できます。
雪の上だけでなく、砂の上でも活躍しますよ。


Snow Peak『Stainless Yutanpo』は、スタイリッシュな湯たんぽです。
注水口は、お湯を注ぎやすい作りになっているので、取り扱いも簡単!
さらに、見た目がとってもオシャレなんです。
キャンプを楽しむためには、デザインも大切ですよね!


最後にご紹介いたしますのは、SOREL『カリブー』です。
これは、マイナス40度の中でも耐えることのできる高性能なブーツなんです。
40年以上変わることのないオシャレなデザインも人気の秘訣です♪


寒い冬を暖かく過ごすためのキャンプグッズは、ほかにもたくさんあります。
寒さに躊躇してしまわずに、冬ならではのキャンプを体験してみてはいかがでしょうか?

 
2018年02月(16件)
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
ページ上部に戻る