営業時間・定休日
営業時間

10:00 - 19:00

 
定休日

水曜日

 
電話番号

045-847-1941

 
FAX

045-847-1948

 
住所

〒234-0051

神奈川県横浜市港南区日野5-1-18

スタッフブログ

   
2017/10/07  ショールームダイアリー  セールスマネージャー 小栗一能
連続ご納車レポート!
小栗一能 / オグリカズヨシ
[セールスマネージャー]
 

こんにちは!ジープ横浜港南店のスタッフブログをご覧頂きまして有難うございます。

セールスの小栗です。

9月は皆様の多大なるご厚意をもちまして、当店は目標を達成することができました。

誠に有難うございました。

ご提供できたお車が多いという事は、お納めするお車も多いという事。

そして私のご納車レポートも!

これから連続してご納車レポートをお届けいたします。

まずはレネゲードをお買い上げ頂きましたO様。

ご来店は2月、そしてご契約も9月ではなく、2月。

このブログで何度も何度も書きましたが、2月の当店は工事現場。

ショールームはおろか、正面入り口すらご利用いただけず、

裏口から、唯一商談スペースらしき体裁の2Fご納車スペースにお越し頂きました。

そんな中でもご契約いただきました。感謝の一言です!

本当にありがとうございました。

 

しかし、ここからがロング・ストーリーとなりました。

O様のお車は『メイク・マイ・ジープ』。いわゆる受注生産の商品ゆえ、お時間がかかります。

とはいえ、私共も9月までかかるとはこのときは全く想像しておりませんでした。

それでも根気よくお付き合い頂きましたO様、本当にありがとうございました。

 

 

クルマ業界ののクリエイティブな分野に携わっておられるO様。

そんなO様のお眼鏡に適ったレネゲードは、グリーンのボディに、ホワイトの内装をコーディネイト。

ルーフはきれいなボディーカラーを生かすため、あえての同色ノーマルルーフ。

しっかりとこだわってオーダー頂いた甲斐あって、実に美しい1台となりました。

初めてO様にお越し頂いた納車スペースに、到着したレネゲードを納めてパチリ。

 今後ともよろしくお願いいたします。

 
   
2017/10/07  ショールームダイアリー  ショールームアテンダント 福別府 ともみ
ジープジャンボリー in USA vol.1
福別府 ともみ / フクベップ トモミ
[ショールームアテンダント]
 

ジープ横浜港南スタッフブログへ
お越しいただきありがとうございます。
こんばんは、ショールームアテンダント福別府ともみです。

先月末から6日間、当店店長が「Jeep jamboree 2017」に参加してまいりました。
本年3月にオープンして以来、たくさんのお客様にご愛顧いただき
表彰をいただくことができました。
この場をお借りして御礼申し上げます。
その副賞としての渡米ということで
店長には、現地の様子を詳細にレポートするよう頼んだのですが…

旅の目的は、ジープの聖地として有名なユタ州「モアブ」。
JKラングラーの走破能力を確かめに、さぁ出発です。

これより数回に分けて
レポートをお届けします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■旅のはじまり~デンバーまで

大変お世話になっております。
ジープ横浜港南高田です。

本日は9月30日(土)、
土曜日の午前中に自宅にいる違和感を覚えつつ
パッキングを進めます。
海外旅行は、グアムへの社員旅行以来7年ぶり、
アメリカ本土上陸は、30年ぶりということで
若干の緊張感を感じながらパッキン完了。

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、連絡・情報収集のためのツールを確認です。
7年前は、旅行中の通信手段はあきらめ
成田で電源入れた途端、たくさん留守電が入っているという
状況でしたが(当時も進んでいる人は海外でもモバイラーですよね)
2017年海外通信事情は、一変しています。
選択肢は様々、レンタルWifiやレンタル現地仕様iPhoneなどもあります。
そんな中、今回は、ソフトバンク→スプリントのアライアンスで実現している
「アメリカ放題」対応機と、アップル純正SIMフリー機にZIP SIMでアクセスという
ダブル体制で臨みます。
SB機はアメリカ国内だと、ローミングではなくスプリントのSIMとして認識するようです。
これで現地からインスタ用の写真を弊店の福別府女史にリアルタイムで送信できます。
(-16時間をこの時点で把握していない→私)

 

 

 

 

 

 

地元の駅から乗り換えを重ね、まずはデジタルの聖地「秋葉原」へ。
ヨドバシカメラAkibaでモバイルバッテリー等を仕入れ
成田空港14時30分集合に合わせ日暮里駅へ!
成田へのアクセスは迷わず京成「スカイライナー」で!
なにしろ38分しか乗れない、早い、早すぎる。
ヨーロッパの特急電車と北陸新幹線をミックスさせたようなデザインも
気分が上がります。
余韻を残しつつ、出国フロアへ。

 

 

 

 

 

 

イミグレーション通過、搭乗ゲートへ。
私たちが乗る便はUA142、デンバー行き。
UNITEDのカウンター付近は、ほとんどが外国人で
成田空港感ゼロでした。

 

 

 

 

 

 

搭乗後は、機内のエンターテイメントや充実のサービスでくつろぎます。
機内は無線LANも完備、あたりまえですが日本語のネット環境がそのまま
機内で使えることに感動し普段はしない娘とのSMSのやりとりにもトライします。
全席のヘッドレストには、最新のHDモニターが装備!
映画や音楽はもちろん、飛行軌跡を地図上に表記し続けます。
離陸してから何キロ進んだか、現地は何時か、気温は何度か、機の速度は
などなど。。。
久しぶりの国際線は、進化していてびっくりでした。
10時間オーバーの搭乗時間は50オーバーには厳しすぎました。。。

 

 

 

 

 

 

ということで、デンバーです。
UA142機は一旦、ほぼほぼ着陸しそうな高度から
一気にタッチアンドゴー状態で急上昇!!(ランディング寸前~)
機長のアナウンスは「着陸予定滑走路に航空機からの落下部品が認められたため
再アプローチ要請が管制からはいりました」って。。。
UNITED日本便は、英語のアナウンス後に日本語でもアナウンスしてくれるのでこんな時にも安心安心。
いやいや、そんな直前まで分からないってどうなの?
と不安になりましたが、
その不安を包み込むような、絶妙のランディング。
無事デンバーインターナショナルエアポートに降り立ちました。

 

 

 

 

 

優しいルックスのイミグレ担当官の「ネクストプリーズ」に
緊張しながら進むと「フロムジャパン?」と尋ねられます。
いやいや旅券出してるから分かるでしょとも思いながら、
にっこり「イエス、フロムジャパン」と川崎選手バリに答え無事アメリカ入国です。

するとそこには真っ白のシャツにJeepロゴが入ったユニフォームできめた
キャプテンジープこと「Jeep jamboree USA」のスタッフが出迎えてくれました。

 

 

 

 

 

 

ここからは、600km弱の行進です。
感覚的には、成田に着いてからクルマで京都くらいまで行くといえばいいのか・・・

バスと聞いていたので、グレイハウンドの大型観光バスをイメージしてましたが、
空港駐車場にいたのは、「Jeep jamboree USA」隊長車のラングラールビコンと
シボレーの大型バンが3台、それぞれに6人で分乗します。
私は、2号車のマイクAKAマイキーのクルマに乗り込みモアブに向けてスタートです。

 
2017年10月(17件)
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ページ上部に戻る