営業時間・定休日
営業時間

10:00 - 19:00

 
定休日

水曜日

 
電話番号

045-847-1941

 
FAX

045-847-1948

 
住所

〒234-0051

神奈川県横浜市港南区日野5-1-18

スタッフブログ

掲載内容は公開日現在のものとなっております。
   
2017/08/08  ショールームダイアリー  ショールームアテンダント 福別府 ともみ
お出かけガイド! 鳴沢氷穴
福別府 ともみ / フクベップ トモミ
[ショールームアテンダント]
 

こんにちは!

ジープ横浜港南店のスタッフブログをご覧いただきましてありがとうございます

ショールームアテンダントの福別府です。


今回はお出かけガイド!ということで、
おすすめのお出かけスポットをご紹介いたします!


今回ご紹介いたしますのは「鳴沢氷穴」です。


鳴沢氷穴は自然がつくった天然洞窟です。
年間を通して平均3度という低気温のため、真夏でも氷が解けない洞窟なんですよ!

ちょっと歪んだ数字の8のような形をしている洞窟なので、
隅々まで見て回ることができます。


しかし、天井が低くなっていて頭をぶつけてしまいそうになったり、
地面が濡れていて滑ってしまいそうになったりと、危険もあるので、
十分にご注意の上お進みくださいね。
私も何度も危ない目にあってしまいました。


そんなに危険な洞窟なので、入り口でヘルメットを貸し出してもらえます。
必ずヘルメットを被りましょう。


場所によっては、まっすぐ立てないため、屈みながら進む必要がある狭い空間もあります。
洞窟の自然のままの姿を感じながら進むのも楽しいですよ♪

そしてなんといっても見どころは氷です。
真夏の暑い日でもこの鳴沢氷穴の中はひんやりとしていて涼しく、
氷も溶けていませんでした。


氷が積み上げられてできた氷の壁は、昔の冷蔵庫です。
今は実際に使われておらず、昔の再現ですが、
昔は冷蔵庫として本当に使用されていたんですよ♪
真夏でも食べ物を冷やしておけるこの空間は特別な場所でした。

今なお観光客を引き付けてやまないのが美しい氷柱です。
光が反射して幻想的な空間でした。


天井から染み出してきた水が地面に落ちて凍り、それが積み重なったものが氷柱です。
冬にできて、4月頃に1番大きくなります。
そして秋ごろまできれいに見ることができるそうですよ♪


鳴沢氷穴の売店にはここでしか手に入らない氷穴ストラップが置いてありました。
黒板消しの形をしたとってもかわいいストラップなので、
旅の記念にしてもいいかもしれませんね!


涼しくて幻想的な氷の世界、鳴沢氷穴を訪れてみてはいかがでしょうか?


鳴沢氷穴
住所 〒401-0320 山梨県南都留郡鳴沢村8533
TEL 0555-85-2301

 
2017年08月(16件)
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ページ上部に戻る